モノヅクリとアウトプットについて

最近twitterは飼い猫botと化しています。

広く浅く多趣味で生きていますが、なんだかんだで色んな事が作ることになっている最近。
破壊するものの筆頭は、人間関係です。
次が身体ですね。

昨日の深夜に「もっとアウトプットしたり勉強したりしよう!具体的にはこまめにブログを更新して脳味噌を整理して、苦手な計画も立てよう。順番的に優先したいのが刺繍だけど、だらだらやってる感がでてきたから少し時間を割くぞー」みたいな。目標としては計画(プランニング)とマーケティングという漠然としたものの理解なのですが。

一応ブランディングは薄っぺらいやつを考えています。
当サイトで推している「東京たぬ子化けもの語り」は、3000文字前後でさくっと読める話をなるべく短いスパンで出していきたい、というもの。
「短いスパン」がまだ月々って感じのところは努力義務ですね。
3000文字前後、というのは、一応「ネットで公開している文章で、最後まで目を通してもらいやすい長さ」を意識しています。
私はコミュニケーション関係がゴミもいいところだし、治っていく様子もないし、治そうとしてぶっ壊すタイプだから、ネット戦略は頑張りたいね的なのですが、要改善案件でもあります。この辺はまだ勉強が足りない。カクヨムとかなろうとかも考えていない訳ではないけど、あそこは「ネットで長文の小説読んじゃう勢」が多い印象があるので尻込みしてはいます。

それはそれとして、やりたいことの優先順位がこんがらがっています。
この辺は、正直いって計画が苦手な私の性質にあると思ってはいる。で、二月が終わるとごっそり時間ができる外的要因があるので、今月まで甘やかされようとも思ってはいる。
その辺のことは明文化しておかないとわかんなくなるので注意が必要です。自戒。

まあ、プロのブロガーなんかに比べると可愛らしいもので(多分)、温泉を掘るとか誰かの為に役に立つとか起業するとかいう社会貢献的なことはミジンコよりも考えていないのでご安心下さい。ミジンコやミドリムシの方が私より遙かに優れているだけなのです。

最近は健常者の方ですらブラック会社から悪化した奴隷社会に悲鳴を上げているのだから、精神病患者なんて人格がないようなものなんだと思います。
「人格がない」というのは、まさしく現代の穢多非人と化すか、或いは俗世を捨てて山とか布団とかに籠もるかの極端な二択を強いられている状態だと考えます。そして私は後者を選んでいます。買い叩かれているけれど別に良いです。その代わり、映画館では同伴者1名まで1000円で見させてもらうし、タクシーでは割引してもらうし、動物園と水族館は無料で入ります。そんなのは威張れることではない。
でも、最近自分の周りの環境をちらほら聞いていると、色々ぶっ飛ばして助成金とか駆使して、親族から酷い目で見られているけれども、一人暮らしをしてよかったと思っています。なにより猫と暮らせている。実家では、猫というだけでアレルギー反応どころか炎色反応の如く拒絶され、私ひとりでは満足に動物病院に連れて行くこともできないような環境だったのだから。そして猫は、炎色反応できらびやかに燃え上がっていた私の親族の敵意と偏見を猫キックで吹っ飛ばし、懐柔し、毒親とか心の傷とか家庭環境のギスギスさとか、依存体質とか、社会的偏見とかを引っかき回してくれたのでもう命の恩人である。

猫というと、クロちゃんのことばかり語っているけれど、私にはもう2匹、とても大切な存在がある。
いっぴきは、幼い頃に拾ったトラ猫。
もういっぴきは、前の住居に二年くらい通ってくれたハチ割れのボス。
ボスがいてくれたから、私はクロちゃんを飼う決心ができたというような気もする、私にとって大切な存在です。
彼らのことはまたそのうち物語なりブログなりにエッセンスとして出せたらいいなと思っています。

今日は、針仕事をしていたら、針の持ちすぎで親指が割れました。
綺麗に指紋に沿って割れているので思わずまじまじと観察してしまった。
それで絆創膏を出そうとしたら、絆創膏の箱に何故かティーバッグが詰められていたまでが落ち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク