疲れが抜けないのは年なのでしょうか

どうなんですかね。

 

 

 

 

キレートレモンを飲んでいるのだけども今日はことさら調子が悪くて、朝から太陽礼拝をしたりストレッチをしたり、ジェネリックサロンパスを貼ったりしていたんですけど肩と背中の痛みがとまりません。
あとはもうなんか寝よう。

割と周囲に健康とか環境とかの意識が高い人が何人かいて、色々な話を聞きます。
そういう人たちは理系の場合が多いんで基本的に「へー」って感じなのでおもしろいです。
放射線量の測定とかね。
実際にロシアやヴェラルーシの方まで行ってきた人もフォロワーさんにいて、自分が知らない話を聞けるというのはとても楽しいですね。

それはそれとして、不思議なのが、「放射線量」というやつ。
内部被曝とかそういうやつ。
東日本大震災のあとに騒がれて、最近になってどっかの国が核がどうのこうのっていうのでまた話題になっているっていう、あれ。

ぶっちゃけ思うのだけど、懸念するだけ無駄ではないのかしら。

いや、無駄と言い切ってしまうと、悪い印象しかないな。健康とか安全に対してしっかりしている人に悪いな。
なんかこう……私はこう、全面的に諦めているところがあるっていうのかな。

なんていうんだろう。
震災があった少し後だったかな、ある人が「私は果物が好きだ。だが、それは福島産だから絶対に食べない」って言ったのを覚えている。
その時は「あっそ」って感じだったのだけど、私は多分内心でものっすごくブチギレていたんだなあと最近思う。理由はよくわからないけど、場の雰囲気とか話し方とかそういうのが原因なんじゃないかな。よくわからないけど、未だにそれをふと思い出す。私はその瞬間、なんか許せなかったんだろうな。

仕事柄、安全なナントカとか健康の為のナントカとかに触れる機会が多くて、そういう限りなくグレーに近いモノに縋るような人がいるっていうのも見ているからかもしれないけれど。私自身、水素水を一時期買ってみたものだし。なんていうか、うーん、上手く言えないな。
ただ、私は、自分の健康とか誰かの健康とか食べ物の安全とか平和とかを求めてはいないような気がする。
そりゃ平和で静かで何も無くのんびり暮らせればそれでいいのだけど、なんていうのかなあ。

だって、そんな、ねえ。
死ぬときは誰だって死ぬし。そんなのに安全性とかで抵抗するのが無駄に思える。たった十年二十年長く生きるか生きないかってだけだろ?
戦争の悲惨さというものも「悲惨だ」と思う生き残った側があとからああだこうだいう感じのような気がするし。いや、学習というものは大事だけど。

たぶん、私は、鬱陶しいのだと思う。
だって放射線がどうたらという話の前は紫外線がどうたらだって話をしていたのだもの。ずっと。
関東の放射線量が大変だというなら、とっとと国外にでも出ればいいのに、って思う。
核シェルターの中で勝手に暮らせば良いのに。
危ない危ないっていうのに、それに足して危ないというだけで具体的な対策を用意せず、或いは用意できず、なすすべが無い状態って、ただの怠惰か無力でしょう?
積極的抵抗も思想としては構わないけれど、100分の1の抵抗と、2分の1の抵抗の明確な違いを説明できていない気がする。
100人のうちの1人が「危険だ」って言うのと、2人のうちの1人が「危険だ」っていう状況があったとして、発言者以外の99人あるいは1人側の立場から、どちらをよりウザく感じるかという話。
尤もこの話をする場合に大前提にあるのは、私が希死念慮や自己放棄を抱くBPDであり、反社会的な無頓着さがあるようだという状態なのだけれどもね。
そもそもの位置が違うから放射線がどうだという以前に難しい話をする方がより無駄なのかもしれないね。

最近ふわっと考えるのは、それかな。まあ、どうでもいい話だし、どうにかしたい話でもないけど、ふと思う。
恐竜が絶滅したみたいに、滅亡するのが人間なら、それはそれでいいんじゃないかな。
人間が地球に住めなくなってゴキブリだらけになっても、その時に私が生きていないなら関係無いよね、と思う。
明確な危険行為の結果的事故ではなくて、日常生活の延長線に生じる懸念、やっぱりどうでもいいと思う。
特に、私が生きていないだろう世界なら、勝手にやってくれ、って感じ。
私が生きている世界のトラブルなら、面倒臭いからさっさと正常に戻しておいてくれ、って感じ。他力本願もいいところだけど、実際に私に何ができるかということを考えると、何もできないんだよな。無力というのは罪か無意味。自覚した人から溺れて死ぬ感情。そんなもん、ブラックボックスに入れてしまっちまったほうが面倒臭くなくていいでしょう。そして他人のブラックボックスを開けたがるのは善意の悪趣味。押し売り。啓蒙活動を模した感覚の強要。情報のひとつという境界線を踏み越えてくる暴挙。不法侵入。私にとって抵抗するものかなあ。

でもわかんないよね。エスパーとかじゃないし。言わないとわからない。で、けっきょく、100分の1なのか1億分の1なのか、2分の1なのか、っていう話に、戻ってしまうことなんだよね。面倒臭い。
私はそういうのを計算して考えなきゃいけないから、人間関係というのがどうしてもキライなのだろうね。
自分を好きじゃない人間が誰かに好きになってもらえるかどうか、という話みたいに、仲良くする気のない相手と親しくなれるかという話にちかいかなあ。
まあでも、結論はでているんだよね。どうでもいい。終了。

やっぱり、あの福島産の果物へのことを、私は怒っているんだな。
めんどくさいから、日本中の原発を一斉にメルトダウンさせてしまえばなんかもう公平なんじゃね。わかんないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク